関連太郎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
関 連太郎
鉄腕硬式野球倶楽部 No.
[[画像:|0px|]]
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県盛岡市
生没年月日 1981年8月23日
 - 
身長/体重 181cm/ 84kg
選手情報
投球・打席 右投右打
守備位置 投手
プロ入り
出場期間
 - 出場中
年俸
経歴
テンプレート  ウィキプロジェクト

関 連太郎(せき れんたろう、1981年8月23日 - )は、社会人野球選手(投手)。鉄腕硬式野球倶楽部に所属。

人物・来歴[編集]

岩手県盛岡市出身、その後家族で埼玉県に転居。武南高等学校では3年次に内野手(ショート)から投手に転向した。その後城西大学に進学したものの、ヒジ痛を発症して一度は野球を断念。同校中退後は郵便局に勤務していた。

2002年全浦和野球団に入部して投手としてプレーを再開。その後郵便局を辞めて渡米、野茂英雄らがオーナーを務める米独立リーグエルマイラ・パイオニアーズに入ったが、足を故障して帰国し、全浦和に復帰。2004年シーズンはストッパーを務め、第17回JABA一関市長旗争奪クラブ野球大会制覇に貢献した。

2005年米独立リーグサムライ・ベアーズに入団。シーズン10勝を挙げている(なお、サムライ・ベアーズはチーム全体で33勝だった)。

2006年はサムライ・ベアーズの同僚だった高倉啓司らと地元の岩手県に設立されたクラブチームである岩手21赤べこ野球軍団に加入。エースとして前田勝宏らと共に投手陣の大黒柱として活躍した。第77回都市対抗野球の東北2次予選の対TDK戦では1安打完投勝ちを収め、この実力が認められて高倉とTDKの補強選手となり、TDKの都市対抗野球制覇にも貢献した。

2007年シーズンも岩手21赤べこ野球軍団のエースとしてチームを引っ張り、都市対抗野球本大会初出場の原動力となった。同年、岩手21赤べこ野球軍団の休部に伴って新日本石油ENEOSに移籍し、2シーズンプレー。2010年からは東京都内で飲食店に勤務するかたわら、鉄腕硬式野球倶楽部に移籍してプレーを続けている。

外部リンク[編集]