秋蛇星

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

'秋蛇星’(しゅうじゃせい)は、日本ユーチューバー2016年4月2日より活躍。「現世を知る、現世を超える」をモットーとし、幅広い守備範囲と、鮮やかに現世の諸相をえぐる個性的な表現は識者の高い評価を得ている。2017年6月現在の登録者は2500人強。投稿動画は2830本であったが、2019年8月には登録者を6200人、 投稿動画を3,427本へと増やした。その後、ヒット作が次々に出されたこともあって、同年12月には登録者を8,880人にまで増やした[1]。2020年8月現在では、登録者が12,000人を超えている[2]。ちなみに、日本国内のユーチューバーで登録者1万人を超えるのは、4,000人ほどしかいない[3]

概要[編集]

秋蛇星以外にも多数のハンドルネームで活躍していたが、あまりに過激な内容であったため、YouTube側によって何度も利用停止されたという経緯がある。ネパールパシュパティナートの露天火葬場を間近に正面から撮影した動画や、精神病を患い8年間にわたり強制入院させられ、医師から虐待を受けたと訴える女性の叫びを正面から扱った動画、八重山諸島を結ぶ高速船3社の激烈な速度競争をドキュメンタリータッチで描いた「海の暴走族シリーズ」、野良猫の死生を正面から描き上げた「野良猫シリーズ」、「美女と「つぼ湯」でばったり遭遇」、「正しい導尿の方法」は特に人気が高くアクセス数が多い。また、「つげ義春聖地巡礼シリーズ」はつげ義春ファンの熱烈な支持を得ており、2018年度には石井輝夫の『ねじ式』に長年不満を持っていたとして、新解釈『ねじ式(家島版)』を完成させ、その独自の感性あふれる陰翳の濃い個性的な映像づくりが識者らに高い評価を得た。その他、現世のありとあらゆる諸相を鮮やかな切り口で見せる個性的な映像造りを得意としている。監督はほとんどが秋蛇星とクレジットはなっているが、一部にはそれ以外の人物も登場する。制作会社は「秋蛇星短編映画製作所」である。ギリヤーク尼ケ崎寺山修司などとも結びつきが深い。[4]

2020年からは、1960年代の貴重な写真を編集した「昔の神戸シリーズ」、秋蛇星探検隊が神戸の知られざる秘境を探検する「裏神戸探検隊シリーズ」などが人気化した[4]

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. 人気ユーチューバーと動画のランキングサイト「チューバータウン」
  2. () 秋蛇星 チャンネル登録者数 1.23万人 [ arch. ] 2020-8-14
  3. () “口コミサイト・インフルエンサーマーケティングの動向整理” (2020年3月14日). 2020年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。 [ arch. ] 2020-8-14
  4. 4.0 4.1 秋蛇星公式You tube

外部リンク[編集]