松村幸姫

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

松村 幸姫(まつむら ゆきひ、1985年12月10日 - 2012年4月23日)とは、京都府亀岡市に在住した人物である。亀岡事故の死者として有名である。中江美則の娘、中江龍生の妹、渡辺甲斗の腹違いの姉、松村晶史の妻、松村蒼愛松村愛鈴の母親、村岡麗菜の従姉でもある。旧姓は中江(なかえ)である。風俗で働いていたこともあった。

人物[編集]

  • 見た目からわかるが、かなりのヤリマン・DQNである。
  • 典型的なB型で、マイペースである。
  • 中学生の頃から、染髪・ピアス・喫煙・飲酒・いじめ・万引きなどの非行をし、「亀岡の女番長」という異名を持つ。
  • 中学校入学早々に、他クラスの男子生徒に暴行して、不登校にさせた。その男子生徒は、3か月後に、原因不明の病気で死亡している。
  • 中高生の時はテニス部に所属していたが、先輩・後輩・同輩・顧問問わず暴行し、問題ばかり起こしていた。
  • 地元で「DQNのためにある高校」と揶揄されている京都府立南丹高等学校を卒業した。
  • 事故の直前まで歯科助手をしていたが、泣き叫ぶ子供の患者に対して、「てめぇの歯、全部抜くぞごらぁ!」と、怒鳴りつけたことがある。歯科助手をしていたにも関わらず、非常に歯が汚く、虫歯や銀歯が多かった。
  • 東方神起の大ファンで、特に「ボレロ」という曲が好きであった。
  • 「幸姫」という名前は、DQNネームであり、話題となった(娘の蒼愛や愛鈴も)。
  • 19歳の若さにして出産し、その後も出産を繰り返し、事故当時も妊娠中だった。
  • 事故は「彼女に対する天罰」と言っても、過言ではない。

350px結構美人だなでもヤリマンぽいw

350px

車についた髪の毛[編集]

伊津和真が事故を起こしたワゴンRに、茶色い髪の毛がついていると話題になった。幸姫の他にも歩行していた人はいるが、茶髪は幸姫だけだった。そのため、幸姫の髪の毛であることは一目瞭然だ。

350px

関連項目[編集]